クレンジングジェルでお肌スッキリ【キレイな肌質make】

プロのメイク

クレンジングジェルには、「肌に優しいけどメイクの落ちがイマイチ」といった理由から、良いイメージを持っていない人もいるのではないのでしょうか。 そのような場合の多くは、間違ったクレンジングジェルを選んでいるため、効果が得られないのです。 例えば、水性のクレンジングジェルはメイクを落とすのは苦手ですが、まつ毛エクステに使えますし、洗い上がりがさっぱりとしています。 油性のクレンジングジェルなら、メイクを落とすのに優れています。 これらの見分け方は簡単で、容器や箱の裏にある成分表示を見れば良いのです。 水、あるいは界面活性剤といった表示があるのなら、それは前者のタイプで、もしも油分と書かれてあるのなら、後者というわけです。 このように、目的に合ったクレンジングジェルを選ぶべきなのです。

高いお金を出してクレンジングジェルを買ったのだとしても、使い方が間違っていたり、適当にやってしまっては、せっかくの効果も半減してしまいます。 そのため、正しくクレンジングジェルを使いましょう。 まず、手の平でゴシゴシこする人がいますが、自分では手加減しているようでも、意外に力が入っているものです。一度や二度なら大したことはありませんが、長年の習慣になってしまうと、やはり肌にはダメージが蓄積されてしまうので、注意が必要です。 使う時の水の温度ですが、冷たいと肌が引き締まってしまい、汚れを抱えたまま毛穴が縮んでしまいます。逆に熱いと肌の油分を落とし過ぎてしまい、乾燥を招いてしまうので、できるだけ常温のものを使いたいところです。 たったこれだけのことですが、気をつけるだけでずいぶん違ってくるはずです。